for-all-creators
国家試験

【美容師国家試験】衛生管理 過去問

hygiene management

 

この記事でわかるコト

美容師国家試験の筆記課目【衛生管理】3教科の過去問とその解説がわかります。

オダンゴさん
オダンゴさん
筆記試験が近づいてきたよ。。不安。。
オルクリ
オルクリ
そうだね。実技試験が終わったらすぐ筆記って大変だ。

焦らず、一つ一つ見ていこう。

 

【衛生管理】過去問と解説「公衆衛生・環境衛生」

この記事では新制度になってからの第42回・第43回の過去問の解説をしています。

公衆・環境衛生に関しては範囲を絞ることなく、全体を網羅するようにしましょう。

過去問第42回「公衆・環境衛生」

問11 我が国の出生に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  • 1)2015年の出生数は、約100万人である。
  • 2)出生率は、人口1,000人に対する出生数の割合である。
  • 3)1人の女性が一生の間に産む子供の数は、2015年では2人以上である。
  • 4)2015年の出生数は、1975年の出生数よりも少ない。

 

問12 次の疾病のうち、糖尿病に関連した合併症に該当しないものはどれか。

  • 1)大腸がん
  • 2)白内障
  • 3)心筋梗塞
  • 4)末梢神経障害

 

問13 喫煙に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  • 1)受動喫煙は小児ぜんそくの危険性を増す。
  • 2)男性の喫煙率は、年々増加の傾向にある。
  • 3)妊婦の喫煙は、低出生体重児の危険性を増す。
  • 4)たばこの煙には、発がん物質や発がん促進物質が含まれている。

 

問14 さまざまな環境の要因を物理的環境要因、化学的環境要因、生物学的環境要因、社会的環境要因の4種類n分類する場合、物理的環境要因に含まれるものは次のうちどれか。

  • 1)温度
  • 2)有毒ガス
  • 3)衛生害虫
  • 4)経済

 

問15 水道に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  • 1)人が飲む水である上水には、健康に悪影響がないこと、使用上、不便のないこと、おいしいことなどが求められる。
  • 2)水道法に基づく水質基準により、水質の適・不適を判断する。
  • 3)浄化槽とは、河川水を浄化して上水を得るための施設のことである。
  • 4)高層建築物に作られている水槽が汚染されて、藻類が発生して、異臭を出すことがある。
解答

3-1-2-1-3

 

 

過去問第42回「公衆・環境衛生」解説

 

問11 我が国の出生に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
  • 1)2015年の出生数は、約100万人である。
  • 2)出生率は、人口1,000人に対する出生数の割合である。
  • 3)1人の女性が一生の間に産む子供の数は、2015年では2人以上である。
  • 4)2015年の出生数は、1975年の出生数よりも少ない。

3)2015年では1.46です。

 

問12 次の疾病のうち、糖尿病に関連した合併症に該当しないものはどれか。
  • 1)大腸がん
  • 2)白内障
  • 3)心筋梗塞
  • 4)末梢神経障害

1)が解答です。直接関係しません。

 

問13 喫煙に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
  • 1)受動喫煙は小児ぜんそくの危険性を増す。
  • 2)男性の喫煙率は、年々増加の傾向にある。
  • 3)妊婦の喫煙は、低出生体重児の危険性を増す。
  • 4)たばこの煙には、発がん物質や発がん促進物質が含まれている。

2)年々減少の傾向です。

 

問14 さまざまな環境の要因を物理的環境要因、化学的環境要因、生物学的環境要因、社会的環境要因の4種類n分類する場合、物理的環境要因に含まれるものは次のうちどれか。
  • 1)温度
  • 2)有毒ガス
  • 3)衛生害虫
  • 4)経済

2)有害ガス→科学的環境要因

3)衛生害虫→生物学的環境要因

4)経済は→社会的環境要因

 

問15 水道に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
  • 1)人が飲む水である上水には、健康に悪影響がないこと、使用上、不便のないこと、おいしいことなどが求められる。
  • 2)水道法に基づく水質基準により、水質の適・不適を判断する。
  • 3)浄化槽とは、河川水を浄化して上水を得るための施設のことである。
  • 4)高層建築物に作られている水槽が汚染されて、藻類が発生して、異臭を出すことがある。

3)浄化槽とは、汚水を浄化し放流するための施設です。

 

 

過去問第43回「公衆・環境衛生」

問11 保健所に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  • 1)保健所を設置できるのは、都道府県だけである。
  • 2)美容所の検査は、保健所の業務ではない。
  • 3)保健所には医師が配置されることとなっている。
  • 4)治療方法が確立していない疾病により長期療養を必要とする者の保険に関する事項は、保健所の業務ではない。

 

問12 2015年の我が国の出生と死亡に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  • 1)出生数は、死亡数よりも少ない。
  • 2)合計特殊出生率は、2.0である。
  • 3)悪性新生物(がん)による死亡数は、2005年と比べ減少している。
  • 4)乳児死亡率は、出生 1,000に対して焼く10である。

 

問13 身体活動・運動に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  • 1)健康日本21(第2次)に「歩数の増加」の目標が定められている。
  • 2)適切な運動や身体活動は、生活習慣病予防に有効である。
  • 3)健康を維持するためには、短時間に激しい運動をすることが必要である。
  • 4)定期的な運動は、よい睡眠をもたらす。

 

問14 住居の衛生に関する次の組み合わせのうち、誤っているものはどれか。

  • 1)自然光ーーー採光
  • 2)明るさの度合いーーー照度
  • 3)機械換気ーーー送気式換気法
  • 4)暖房ーーー気化熱の利用

 

問15 換気に関する次の文章の(  )内に入る語句の組合わせのうち、正しいものはどれか。

「狭い室内に多くの人がいると、呼吸による水蒸気や( A )によって、室内の空気が汚染される。また、ガスや石油の燃焼による暖房は、( B )を排出し、不快感や酸素不足を起こす可能性がある。」

      A       B

  • 1)二酸化炭素ーーー窒素ガス
  • 2)二酸化炭素ーーー二酸化炭素ガス
  • 3) 窒素ーーー窒素ガス
  • 4) 窒素ーーー二酸化炭素ガス

[/ac-box01]

解答

3-1-3-4-2

 

 

過去問第43回「公衆・環境衛生」解説

 

問11 保健所に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
  • 1)保健所を設置できるのは、都道府県だけである。
  • 2)美容所の検査は、保健所の業務ではない
  • 3)保健所には医師が配置されることとなっている。
  • 4)治療方法が確立していない疾病により長期療養を必要とする者の保険に関する事項は、保健所の業務ではない

1)保健所を設置できるのは都道府県、政令指定都市、中核市、保健所設置市、東京都の特別区です。

2)美容所の検査は保健所の業務の一つです。

4)これも保健所の業務の一つです。

 

問12 2015年の我が国の出生と死亡に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
  • 1)出生数は、死亡数よりも少ない。
  • 2)合計特殊出生率は、2.0である。
  • 3)悪性新生物(がん)による死亡数は、2005年と比べ減少している。
  • 4)乳児死亡率は、出生 1,000に対して約10である。

2)1.45です。

3)増加しています。

4)10ではなく、1.9です。

 

問13 身体活動・運動に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
  • 1)健康日本21(第2次)に「歩数の増加」の目標が定められている。
  • 2)適切な運動や身体活動は、生活習慣病予防に有効である。
  • 3)健康を維持するためには、短時間に激しい運動をすることが必要である。
  • 4)定期的な運動は、よい睡眠をもたらす。

3)激しい運動は体への負担が大きいので、中程度の運動が正しい。

 

問14 住居の衛生に関する次の組み合わせのうち、誤っているものはどれか。
  • 1)自然光ーーー採光
  • 2)明るさの度合いーーー照度
  • 3)機械換気ーーー送気式換気法
  • 4)暖房ーーー気化熱の利用

4)気化熱にはモノを冷ます効果があるので、暖房ではなく、クーラーです。

 

問15 換気に関する次の文章の(  )内に入る語句の組合わせのうち、正しいものはどれか。

「狭い室内に多くの人がいると、呼吸による水蒸気や( A )によって、室内の空気が汚染される。また、ガスや石油の燃焼による暖房は、( B )を排出し、不快感や酸素不足を起こす可能性がある。」

      A      B

  • 1)二酸化炭素ーーー窒素ガス
  • 2)二酸化炭素ーーー二酸化炭素ガス
  • 3) 窒素ーーー窒素ガス
  • 4) 窒素ーーー二酸化炭素ガス

2)呼吸→二酸化炭素の排出、燃焼→二酸化炭素ガスの排出なので、これが解答です。

 

everyone's-pace

 

【衛生管理】過去問と解説「感染症」

感染症に関しては範囲自体が狭いので、全体を網羅するようにしましょう。

とはいえ、感染経路、感染の仕方、感染症の区分(~類なのか、その法的処置まで)、主要な細菌、ウイルスの特徴については、初めに暗記していきましょう。

過去問第42回「感染症」

問16 次の感染のうち、性行為によって感染するものはどれか。

  • 1)B型肝炎
  • 2)日本脳炎
  • 3)コレラ
  • 4)マラリア

 

問17 細菌に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  • 1)細菌の固形成分のおよそ半分はタンパク質である。
  • 2)細菌は、DNAとRNAの両方をもっている。
  • 3)細菌は、生きた細胞の中でのみ増殖する。
  • 4)細菌の中には、100℃の加熱に耐えるものがある。

 

問18 感染症予防の3原則に関する次の記述のうち、感染経路対策に該当しないものはどれか。

  • 1)学校(学級)の閉鎖
  • 2)野菜類の十分な洗浄
  • 3)ネズミ族、昆虫等の駆除
  • 4)患者の入院治療

 

問19 風しんに関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  • 1)潜伏期は、2~3か月である。
  • 2)妊婦がり患すると、心臓病、白内障、聴力障害をもつ子供が生まれる危険性がある。
  • 3)病原体はウイルスで、患者の鼻や咽頭の分泌物により飛沫感染する。
  • 4)予防には、予防接種を受けることが有効である。

 

問20 O157による腸管出血性大腸菌感染症に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  • 1)感染経路は、飲食物等を介しての経口感染である。
  • 2)病原体は熱に対して弱い。
  • 3)潜伏期は、約30日である。
  • 4)病原体は、ベロ毒素を出すのが特徴である。
解答

1-3-4-1-3

 

 

過去問第42回「感染症」解説

 

問16 次の感染のうち、性行為によって感染するものはどれか。
  • 1)B型肝炎
  • 2)日本脳炎
  • 3)コレラ
  • 4)マラリア

2)、4)は、動物感染

3)は、経口感染

 

問17 細菌に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
  • 1)細菌の固形成分のおよそ半分はタンパク質である。
  • 2)細菌は、DNAとRNAの両方をもっている。
  • 3)細菌は、生きた細胞の中でのみ増殖する。
  • 4)細菌の中には、100℃の加熱に耐えるものがある。

3)条件が揃えば増殖する。

 

問18 感染症予防の3原則に関する次の記述のうち、感染経路対策に該当しないものはどれか。
  • 1)学校(学級)の閉鎖
  • 2)野菜類の十分な洗浄
  • 3)ネズミ族、昆虫等の駆除
  • 4)患者の入院治療

4)が解答です。感染源の排除にあたります。

 

問19 風しんに関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
  • 1)潜伏期は、2~3か月である。
  • 2)妊婦がり患すると、心臓病、白内障、聴力障害をもつ子供が生まれる危険性がある。
  • 3)病原体はウイルスで、患者の鼻や咽頭の分泌物により飛沫感染する。
  • 4)予防には、予防接種を受けることが有効である。

1)2~3週間です。

 

問20 O157による腸管出血性大腸菌感染症に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
  • 1)感染経路は、飲食物等を介しての経口感染である。
  • 2)病原体は熱に対して弱い。
  • 3)潜伏期は、約30日である。
  • 4)病原体は、ベロ毒素を出すのが特徴である。

3)4~8日です。

 

 

 

過去問第43回「感染症」

問16 感染症法において、美容師が感染した場合、就業制限の対象となる感染症は、次のうちどれか。

  • 1)結核
  • 2)麻しん
  • 3)破傷風
  • 4)A型肝炎

 

問17 次の感染症のうち、主として飛沫感染するものはどれか。

  • 1)急性灰白髄炎(ポリオ)
  • 2)インフルエンザ
  • 3)後天性免疫不全症候群(エイズ)
  • 4)日本脳炎

 

問18 芽胞に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  • 1)ウイルスは芽胞を作る。
  • 2)芽胞は熱や乾燥に強い。
  • 3)結核菌は芽胞を作る。
  • 4)細菌は芽胞を作ると栄養型になる。

 

問19 結核に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  • 1)学校、事業所などで集団発生する傾向がある。
  • 2)微熱、寝汗、長く続くせきや痰などが早期症状として 現れる。
  • 3)近年の我が国における死亡率のピークは青年期にある。
  • 4)予防接種はBCGワクチンによる。

 

問20 B型肝炎に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  • 1)潜伏期は、1~6か月である。
  • 2)病原体は、B型肝炎ウイルスである。
  • 3)感染源は、ヒトの血液や体液である。
  • 4)予防のためのワクチンはない。
解答

1-2-2-3-4

過去問第43回「感染症」解説

 

問16 感染症法において、美容師が感染した場合、就業制限の対象となる感染症は、次のうちどれか。
  • 1)結核
  • 2)麻しん
  • 3)破傷風
  • 4)A型肝炎

就業制限の対象となる感染症

結核、ジフテリア、SARS、新型インフルエンザ等感染症、痘そう、鳥インフルエンザ、ペスト

1)が解答です。

 

問17 次の感染症のうち、主として飛沫感染するものはどれか。
  • 1)急性灰白髄炎(ポリオ)
  • 2)インフルエンザ
  • 3)後天性免疫不全症候群(エイズ)
  • 4)日本脳炎

1)は、糞便感染、接触感染

3)は、性感染、母子感染、血液感染

4)は、蚊が感染源の動物感染(人から感染しない。)

2)が解答です。

 

問18 芽胞に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
  • 1)ウイルスは芽胞を作る。
  • 2)芽胞は熱や乾燥に強い。
  • 3)結核菌は芽胞を作る
  • 4)細菌は芽胞を作ると栄養型になる。

1)、3)は、芽胞を作らない。

4)は、休眠状態になる。

2)が解答です。

 

問19 結核に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
  • 1)学校、事業所などで集団発生する傾向がある。
  • 2)微熱、寝汗、長く続くせきや痰などが早期症状として 現れる。
  • 3)近年の我が国における死亡率のピークは青年期にある。
  • 4)予防接種はBCGワクチンによる。

3)は、高齢者です。

 

問20 B型肝炎に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
  • 1)潜伏期は、1~6か月である。
  • 2)病原体は、B型肝炎ウイルスである。
  • 3)感染源は、ヒトの血液や体液である。
  • 4)予防のためのワクチンはない。

4)ワクチンはあります。

 

positive

 

【衛生管理】過去問と解説「衛生管理技術」

衛生管理技術は、教科書の約半分を占める範囲の広さがあります。

しかし、具体的なポイントを決めて勉強することができる教科のうえ、出題傾向がはっきりしています。

下のポイントの順番で出題数が変わっています。
(選定法が一番多く出題される。)

  1. 消毒法の選定について
  2. 関連法規について
  3. 消毒法の長所・短所について
  4. 理学的・化学的消毒法について
  5. 希釈計算について

これらを中心に勉強を進めて下さい。

 

過去問第42回「衛生管理技術」

問21 血液が付着しているはさみに対して美容所で行う消毒法として正しいものは、次のうちどれか。

  • 1)0.1%次亜塩素酸ナトリウム水溶液中に10分間浸す。
  • 2)0.1%逆性石けん水溶液中に10分間浸す。
  • 3)0.1%両性界面活性剤水溶液中に10分間浸す。
  • 4)消毒用エタノールを含ませた綿で表面を拭く。

 

問22 美容師法施行規則に定める消毒法に関する次の記述のうち、正しいものの組合わせはどれか。

 

a 紫外線による消毒、熱による煮沸消毒及び蒸気消毒だけでなく、放射線や電子線などによる方法が規定されている。

b 紫外線消毒は血液の付着がない器具の消毒に使用し、1㎠あたり80マイクロワットの紫外線を10分間照射する。

c 煮沸消毒は被消毒物を沸騰後2分間以上煮沸する。

d 蒸気消毒は80℃を超える湿熱に被消毒物を10分間以上触れさせる。

 

  • 1)aとb
  • 2)bとc
  • 3)cとd
  • 4)aとd

 

問23 紫外線消毒に関する次の記述のうち、正しいものの組合わせはどれか。

a タオルの消毒に適している。

b 被消毒物の深部や陰の部分も消毒できる。

c 紫外線殺菌灯から照射される紫外線は、粘膜に有害である。

d プラスチックには長時間照射すると劣化するものがある。

  • 1)aとb
  • 2)bとc
  • 3)cとd
  • 4)aとd

 

問24 化学的消毒法の特徴に関する次の記述のうち、正しいものの組合わせはどれか。

a 逆性石けんは、無色無臭で毒性が弱く、ウイルスや結核菌に対して殺菌効果がある。

b 逆性石けんは、普通の石けんと併用すると著しく消毒力が低下する。

c 次亜塩素酸ナトリウムは、殺菌と同時に漂白の作用がある。

d 消毒用エタノールは、芽胞型の菌に対して殺菌効果がある。

  • 1)aとb
  • 2)bとc
  • 3)cとd
  • 4)aとd

 

問25 5%次亜塩素酸ナトリウムを希釈して、0.1%次亜塩素酸ナトリウム水溶液1,000mlを調整する場合の5%次亜塩素酸ナトリウムの量は、次のうちどれか。

  • 1)  1ml
  • 2)  2ml
  • 3)10ml
  • 4)20ml
解答

1-3-3-2-4

 

 

過去問第42回「衛生管理技術」解説

 

問21 血液が付着しているはさみに対して美容所で行う消毒法として正しいものは、次のうちどれか。
  • 1)0.1%次亜塩素酸ナトリウム水溶液中に10分間浸す。
  • 2)0.1%逆性石けん水溶液中に10分間浸す。
  • 3)0.1%両性界面活性剤水溶液中に10分間浸す。
  • 4)消毒用エタノールを含ませた綿で表面を拭く。

2)、3)は血液の付着した器具に対応していない。

4)は、拭くだけではダメで、水溶液に浸す方法なら対応している。

 

問22 美容師法施行規則に定める消毒法に関する次の記述のうち、正しいものの組合わせはどれか。

a 紫外線による消毒、熱による煮沸消毒及び蒸気消毒だけでなく、放射線や電子線などによる方法が規定されている。

b 紫外線消毒は血液の付着がない器具の消毒に使用し、1㎠あたり80マイクロワットの紫外線を10分間照射する。

c 煮沸消毒は被消毒物を沸騰後2分間以上煮沸する。

d 蒸気消毒は80℃を超える湿熱に被消毒物を10分間以上触れさせる。

  • 1)aとb
  • 2)bとc
  • 3)cとd
  • 4)aとd

a 紫外線、煮沸、蒸気以外は認めていない。

b 85マイクロワットで20分間以上です。

 

問23 紫外線消毒に関する次の記述のうち、正しいものの組合わせはどれか。

a タオルの消毒に適している

b 被消毒物の深部や陰の部分も消毒できる。

c 紫外線殺菌灯から照射される紫外線は、粘膜に有害である。

d プラスチックには長時間照射すると劣化するものがある。

  • 1)aとb
  • 2)bとc
  • 3)cとd
  • 4)aとd

a タオルは光が当たらない部分が多いので、適していない。

b 光が当たっていない場所は消毒できるわけがない。

 

問24 化学的消毒法の特徴に関する次の記述のうち、正しいものの組合わせはどれか。

a 逆性石けんは、無色無臭で毒性が弱く、ウイルスや結核菌に対して殺菌効果がある。

b 逆性石けんは、普通の石けんと併用すると著しく消毒力が低下する。

c 次亜塩素酸ナトリウムは、殺菌と同時に漂白の作用がある。

d 消毒用エタノールは、芽胞型の菌に対して殺菌効果がある。

  • 1)aとb
  • 2)bとc
  • 3)cとd
  • 4)aとd

a 逆性石ケンはウイルスや結核菌に対して効果がない。

d 美容師法に定める消毒方法では芽胞を殺すことはできない。

 

問25 5%次亜塩素酸ナトリウムを希釈して、0.1%次亜塩素酸ナトリウム水溶液1,000mlを調整する場合の5%次亜塩素酸ナトリウムの量は、次のうちどれか。
  • 1)  1ml
  • 2)  2ml
  • 3)10ml
  • 4)20ml

X×5/100=1000×0.1/100 を計算して下さい。

4)が解答です。

 

過去問第43回「衛生管理技術」

問21 美容所における消毒に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  • 1)使用後の器具は、消毒の前に十分洗浄しなければならない。
  • 2)皮ふに接したかみそり以外の器具の消毒方法は、血液の付着又はその疑いの有無によって区分される。
  • 3)刷毛、くしは皮ふに接する器具にあたる。
  • 4)美容師法施行規則に定められている消毒方法と同等以上の効果があれば、他の消毒方法を用いてもよい。

 

問22 美容師法施行規則に定められている消毒法に関する次の記述のうち、正しいものの組合わせはどれか。

a カットに用いた血液が付着していないはさみは、1㎠あたり85マイクロワット以上の紫外線を20分間以上照射する。

b 整髪に用いた血液の付着したくしは、0.1%の逆性石けん水溶液中に浸す。

c 顔そりに用いた血液の付着していないかみそりは、0.01%の次亜塩素酸ナトリウム水溶液中に10分間以上浸す。

d 顔の清拭に用いた血液の付着した蒸しタオルは、沸騰後2分間以上煮沸する。

  • 1)aとb
  • 2)bとc
  • 3)cとd
  • 4)aとd

 

問23 消毒に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  • 1)希釈した逆性石けんは、7日ごとに取り換える。
  • 2)エタノールは蒸発しやすいので、ガーゼに含ませて清拭する方法では、長時間作用させることは難しい。
  • 3)次亜塩素酸ナトリウムによる消毒は、温度により効果が異なる。
  • 4)紫外線消毒器の紫外線ランプは、2,000~3,000時間の照射で出力が低下する。

 

問24 両性界面活性剤に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  • 1)結核菌に対して殺菌効果がある。
  • 2)多量の有機物があっても殺菌力は変わらない。
  • 3)直射日光によっても殺菌力は変わらない。
  • 4)普通の石けんと併用すると消毒力が低下する。

 

問25 消毒薬の希釈や器具の使い方に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a 消毒薬の希釈倍数(倍)は、溶液量を溶質量で割った値である。

b 薬品の臭いを嗅ぐときは、手のひらで容器の口をあおぎ、鼻のほうへ流れてくる気体を嗅ぐ。

c メスシリンダーの読み方は、目を液面の高さに合わせ、真横から液面の高いほうを読む。

d 薬品は、容器のラベルの反対側をもって容器のラベルの反対側をもって注ぐ。

  • 1)aとb
  • 2)bとc
  • 3)cとd
  • 4)aとd
解答

4-4-1-2-1

 

 

過去問第43回「衛生管理技術」解説

 

問21 美容所における消毒に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
  • 1)使用後の器具は、消毒の前に十分洗浄しなければならない。
  • 2)皮ふに接したかみそり以外の器具の消毒方法は、血液の付着又はその疑いの有無によって区分される。
  • 3)刷毛、くしは皮ふに接する器具にあたる。
  • 4)美容師法施行規則に定められている消毒方法と同等以上の効果があれば、他の消毒方法を用いてもよい。

4)同等以上の効果があっても、他の消毒方法を用いてはいけない。

 

問22 美容師法施行規則に定められている消毒法に関する次の記述のうち、正しいものの組合わせはどれか。

a カットに用いた血液が付着していないはさみは、1㎠あたり85マイクロワット以上の紫外線を20分間以上照射する。

b 整髪に用いた血液の付着したくしは、0.1%の逆性石けん水溶液中に浸す。

c 顔そりに用いた血液の付着していないかみそりは、0.01%の次亜塩素酸ナトリウム水溶液中に10分間以上浸す。

d 顔の清拭に用いた血液の付着した蒸しタオルは、沸騰後2分間以上煮沸する。

  • 1)aとb
  • 2)bとc
  • 3)cとd
  • 4)aとd

b 逆性石ケンは血液付着した器具に対応していない。

c かみそりは血がついたものとして扱う。0.01%次亜塩素酸ナトリウムは対応していない。
ちなみに、
金属系の器具の消毒に次亜塩素酸ナトリウムは適していない。

 

問23 消毒に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
  • 1)希釈した逆性石けんは、7日ごとに取り換える。
  • 2)エタノールは蒸発しやすいので、ガーゼに含ませて清拭する方法では、長時間作用させることは難しい。
  • 3)次亜塩素酸ナトリウムによる消毒は、温度により効果が異なる。
  • 4)紫外線消毒器の紫外線ランプは、2,000~3,000時間の照射で出力が低下する。

1)7日で取り替えてよいのはエタノールだけです。その他の消毒薬は毎日取り替えます。

 

問24 両性界面活性剤に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
  • 1)結核菌に対して殺菌効果がある。
  • 2)多量の有機物があっても殺菌力は変わらない
  • 3)直射日光によっても殺菌力は変わらない。
  • 4)普通の石けんと併用すると消毒力が低下する。

2)有機物の影響を受け、殺菌力は弱くなります。

 

問25 消毒薬の希釈や器具の使い方に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a 消毒薬の希釈倍数(倍)は、溶液量を溶質量で割った値である。

b 薬品の臭いを嗅ぐときは、手のひらで容器の口をあおぎ、鼻のほうへ流れてくる気体を嗅ぐ。

c メスシリンダーの読み方は、目を液面の高さに合わせ、真横から液面の高いほうを読む。

d 薬品は、容器のラベルの反対側をもって容器のラベルの反対側をもって注ぐ。

  • 1)aとb
  • 2)bとc
  • 3)cとd
  • 4)aとd

c 真横から液面の低い方を読みます。

d ラベル側を持ちます。

 

【美容師国家試験】衛生管理 過去問まとめ

公衆・環境衛生は広く浅く、一般常識を学ぶつもりで

感染症は感染症の種類と分類と法規を絡めた知識
感染経路やその病原体などの出題率は高いですが、やはり全体を網羅して下さい。

衛生管理技術はポイントを絞れます。
逆に言えばそこをおさえていないと、点数がとれないということになります。

 

教科によって出題傾向が変わるので、しっかりポイントを抑えた効率的な勉強をしていきましょう。

そのポイントをおさえた問題集の紹介もしておきます。


(注:時期的に売り切れているかもしれません。)

 

また、過去4回分の過去問題集が10月29日に販売されます。

購入予約の受け付けが始まっているので、併せて紹介しておきます。


今回の過去問の解説は第42回・第43回のみですが、今後新制度になってからの過去問が増えていくので、その都度更新していく予定です。

今回は受験しないよっていう人も時々のぞいてみて下さい。

また、全科目をまとめ、勉強法を紹介している記事もあるので、参考にしてください。
↓↓

美容師国家試験
【美容師国家試験】筆記で合格点をとる対策美容師国家試験の筆記対策です。合格点を取るにはどう勉強したらいいのか分かるように解説しています。...

 

 

教科ごとに見たいという人はこちらから。
↓↓

Related laws and regulations and operation management
【美容師国家試験】関係法規及び運営管理 過去問【美容師国家試験】関係法規及び運営管理の新制度になってからの過去問と、その解説をしています。...
hygiene management
【美容師国家試験】衛生管理 過去問美容師国家試験の筆記課目である「衛生管理」 新制度になってからの過去問の解説をしています。...
Cosmetology health
【美容師国家試験】美容保健 過去問新制度になってからの国家試験科目、美容保健の過去問とその解説しています。...
Cosmetic chemistry
【美容師国家試験】香粧品化学 過去問新制度になってからの香粧品化学の過去問とその解説をしています。...
Cultural theory and cosmetology technology theory
【美容師国家試験】文化論及び美容技術理論 過去問【美容師国家試験】新制度になってからの文化論及び美容技術理論の過去問の解説をしています。...

 

 

今回の記事はこれでおしまいです。

最後まで読んでくれてありがとうございます。

それではまた。