for-all-creators
国家試験

【美容師国家試験】美容保健 過去問

Cosmetology health
この記事でわかるコト

美容師国家試験の筆記課目【美容保健】2教科の過去問とその解説がわかります。

オダンゴさん
オダンゴさん
保健って、言葉がムズカシイ。
オルクリ
オルクリ
それわかるw

ほんとにムズカシイよね。まず、ワードの意味を知ることからはじめよう。

 

【美容保健】過去問「人体の構造及び機能」

人体の構造及び機能は範囲を絞ることなく、全体的に把握する必要があります。

つまり、どこから出てもおかしくないということです。

過去問第42回「人体の構造及び機能」

問26 関節とその運動範囲に関する次の組合せのうち、正しいものはどれか。

  • 1)鞍(あん)関節 ――――――― 1方向だけに運動できる。
  • 2)蝶番(ちょうつがい)関節 ―― 2方向だけに運動できる。
  • 3)車軸関節 ―――――――――― 3方向だけに運動できる。
  • 4)球関節 ――――――――――― 広い範囲で自由に運動できる。

 

問27 次の筋のうち、表情筋(顔面筋)に含まれないものはどれか。

  • 1)眼輪筋
  • 2)口輪筋
  • 3)咬(こう)筋
  • 4)鼻筋

 

問28 神経系の分類で、中枢神経系に含まれないものはどれか。

  • 1)脳神経
  • 2)延髄
  • 3)大脳
  • 4)脊髄

 

問29 次の記述のうち、交感神経が優位なときの反応として正しいものはどれか。

  • 1)唾液は希薄で多量に分泌する。
  • 2)気管支は収縮する。
  • 3)瞳孔は縮小する。
  • 4)心拍数は増加する。

 

問30 血球成分に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  • 1)好中球は主に血液凝固に関わる。
  • 2)好塩基球は主に食作用に関わる。
  • 3)リンパ球は主に免疫反応に関わる。
  • 4)単球は主に即時型アレルギー反応に関わる。
解答

4-3-1-4-3

 

 

過去問第42回「人体の構造及び機能」解説

 

問26 関節とその運動範囲に関する次の組合せのうち、正しいものはどれか。
  • 1)鞍(あん)関節 ――――――― 1方向だけに運動できる。
  • 2)蝶番(ちょうつがい)関節 ―― 2方向だけに運動できる。
  • 3)車軸関節 ―――――――――― 3方向だけに運動できる。
  • 4)球関節 ――――――――――― 広い範囲で自由に運動できる。

 

1)2方向

2)1方向

3)1方向

4)が解答です。

 

問27 次の筋のうち、表情筋(顔面筋)に含まれないものはどれか。
  • 1)眼輪筋
  • 2)口輪筋
  • 3)咬(こう)筋
  • 4)鼻筋

 

3)が解答です。咬筋は咀嚼筋で表情筋には含まれません。

 

問28 神経系の分類で、中枢神経系に含まれないものはどれか。
  • 1)脳神経
  • 2)延髄
  • 3)大脳
  • 4)脊髄

 

1)が解答です。脳神経は末梢神経です。

 

問29 次の記述のうち、交感神経が優位なときの反応として正しいものはどれか。
  • 1)唾液は希薄で多量に分泌する。
  • 2)気管支は収縮する。
  • 3)瞳孔は縮小する。
  • 4)心拍数は増加する。

 

1)、2)、3)は副交感神経が優位な時です。

 

問30 血球成分に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
  • 1)好中球は主に血液凝固に関わる。
  • 2)好塩基球は主に食作用に関わる。
  • 3)リンパ球は主に免疫反応に関わる。
  • 4)単球は主に即時型アレルギー反応に関わる。

 

1)、4)は貧食作用

2)はアレルギー反応

3)が解答です。

everyone's-pace

 

 

過去問第43回「人体の構造及び機能」

問26 腕を動かすとき、中枢神経系からの指令を骨格筋に伝える神経は、次のうちどれか。

  • 1)運動神経
  • 2)知覚神経
  • 3)交感神経
  • 4)副交感神経

 

問27 交感神経が優位に機能したときの臓器と反応に関する次の組合せのうち、正しいものはどれか。

  • 1)心臓ーーー心拍数減少
  • 2)唾液腺ーーー唾液の希薄・多量
  • 3)気管支ーーー収縮
  • 4)眼ーーー瞳孔の散大

 

問28 次の耳の器官のうち、平衡器官はどれか。

  • 1)耳小骨
  • 2)蝸牛
  • 3)半規管
  • 4)耳管

 

問29 次のうち、リンパ球の機能として正しいものはどれか。

  • 1)酸素の運搬
  • 2)二酸化炭素の運搬
  • 3)免疫反応
  • 4)血液凝固

 

問30 次の臓器のうち、血液の小循環の経路に含まれるものはどれか。

  • 1)脳
  • 2)肺
  • 3)肝臓
  • 4)筋肉
解答

1-4-3-3-2

 

過去問第43回「人体の構造及び機能」解説

 

問26 腕を動かすとき、中枢神経系からの指令を骨格筋に伝える神経は、次のうちどれか。
  • 1)運動神経
  • 2)知覚神経
  • 3)交感神経
  • 4)副交感神経

 

1)運動神経=脳からの命令を筋肉に伝えて体を動かす神経。これが解答です。

2)知覚神経=皮膚などにある感覚器で受け取った刺激を脳に伝える神経。

3)交感神経=自立神経の一つで緊張している時に働く神経。

4)副交感神経=自律神経の一つでリラックスしている時に働く神経。

 

問27 交感神経が優位に機能したときの臓器と反応に関する次の組合せのうち、正しいものはどれか。
  • 1)心臓ーーー心拍数減少
  • 2)唾液腺ーーー唾液の希薄・多量
  • 3)気管支ーーー収縮
  • 4)眼ーーー瞳孔の散大

交感神経が優位に機能したとき

1)心拍数は増加します。

2)濃厚・少量になります。

3)拡張します。

4)が解答です。

 

問28 次の耳の器官のうち、平衡器官はどれか。
  • 1)耳小骨
  • 2)蝸牛
  • 3)半規管
  • 4)耳管

 

3)が解答です。

 

問29 次のうち、リンパ球の機能として正しいものはどれか。
  • 1)酸素の運搬
  • 2)二酸化炭素の運搬
  • 3)免疫反応
  • 4)血液凝固

 

1)、2)は赤血球の機能。

4)は血小板の機能。

3)が解答です。

 

問30 次の臓器のうち、血液の小循環の経路に含まれるものはどれか。
  • 1)
  • 2)肺
  • 3)肝臓
  • 4)筋肉

 

1)、3)、4)は大循環。

2)が解答です。

 

【血液の大循環】

全身に行き渡る循環です。

左心室→大動脈→動脈→全身の毛細血管→静脈→大静脈→右心房

【血液の小循環】

心臓と肺の間の循環です。

右心室→肺動脈→肺の毛細血管→肺静脈→左心房

positive

 

 

過去問第42回「皮膚科学」

皮膚科学はある程度出題傾向が決まっていますが、章単位で範囲を絞ります。

  • 1章
  • 2章
  • 6章

この章を中心にやることで他の章も理解が深まります

やはり、美容に関係する部分が多く出題されているようです。

また、過去問を解くときに徹底してワードを覚えましょう。

過去問第42回「皮膚科学」

問31 皮膚の構造に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  • 1)色素細胞(メラノサイト)の数は、同一部位であっても白色人種や黒色人種などの人種によって大きく異なる。
  • 2)角化細胞(ケラチノサイト)は、約1か月かけて基底細胞から角質細胞に分化する。
  • 3)ランゲルハンス細胞は、表皮内に侵入した抗原物質(アレルゲン)を取り込むはたらきがある。
  • 4)真皮は、コラーゲンからできた膠原(こうげん)線維が大部分を占めている。

 

問32 皮膚付属器官に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  • 1)毛根の下端のフラスコ状に膨らんだ部分を毛幹とよぶ。
  • 2)毛のケラチンは、全体として長軸の方向に鎖状に結合しているため、縦に裂けやすい。
  • 3)脂腺の数は、体の部位によって違いがあり、頭毛の生えている部位、額、眉間、下顎には少ない。
  • 4)爪の成長周期は、成長期、退行期、休止期を繰り返す。

 

問33 皮膚の生理機能に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  • 1)皮膚には、痛点、触点、温点、冷点が分布している。
  • 2)紫外線を浴びると、エラスチンが大量につくられ、皮膚の色が黒くなる。
  • 3)皮脂に含まれる脂肪酸は、一部の細菌や真菌の発育を抑制する。
  • 4)皮膚の表面には、汗と皮脂が混じり合い、乳化した状態の薄い膜がある。

 

問34 皮膚と皮膚付属器官の保健に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  • 1)皮膚の状態は、全身の健康状況によって変化する。
  • 2)成人では、加齢とともに、皮膚の分泌作用や新陳代謝が低下し、皮膚は乾燥し硬くなる。
  • 3)健康な成人の皮膚の表面はアルカリ性である。
  • 4)脂腺から分泌される皮脂は、毛の光沢としなやかさを保つ役割がある。

 

問35 皮膚疾患に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  • 1)接触皮膚炎(カブレ)は、種々の化学物質や薬剤などが皮膚に接触して発生する皮膚の炎症である。
  • 2)蕁麻疹(じんましん)は、食物や薬によるもののほか、花粉、ダニ、寒冷、温熱、日光などの外的刺激によるものもある。
  • 3)ニキビは、毛包が角質の栓で詰まることなどによりでき、炎症へと進むことがある。
  • 4)頭部白癬(はくせん)は、ウイルスによって引き起こされる。
解答

1-2-2-3-4

 

過去問第42回「皮膚科学」解説

 

問31 皮膚の構造に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
  • 1)色素細胞(メラノサイト)の数は、同一部位であっても白色人種や黒色人種などの人種によって大きく異なる
  • 2)角化細胞(ケラチノサイト)は、約1か月かけて基底細胞から角質細胞に分化する。
  • 3)ランゲルハンス細胞は、表皮内に侵入した抗原物質(アレルゲン)を取り込むはたらきがある。
  • 4)真皮は、コラーゲンからできた膠原(こうげん)線維が大部分を占めている。

 

1)が解答です。数は同じです。

 

問32 皮膚付属器官に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
  • 1)毛根の下端のフラスコ状に膨らんだ部分を毛幹とよぶ。
  • 2)毛のケラチンは、全体として長軸の方向に鎖状に結合しているため、縦に裂けやすい。
  • 3)脂腺の数は、体の部位によって違いがあり、頭毛の生えている部位、額、眉間、下顎には少ない
  • 4)爪の成長周期は、成長期、退行期、休止期を繰り返す。

 

1)毛球。

3)多い。

4)成長周期はない。

2)が解答です。

 

問33 皮膚の生理機能に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
  • 1)皮膚には、痛点、触点、温点、冷点が分布している。
  • 2)紫外線を浴びると、エラスチンが大量につくられ、皮膚の色が黒くなる。
  • 3)皮脂に含まれる脂肪酸は、一部の細菌や真菌の発育を抑制する。
  • 4)皮膚の表面には、汗と皮脂が混じり合い、乳化した状態の薄い膜がある。

 

2)が解答です。メラニンが大量に作られます。

 

問34 皮膚と皮膚付属器官の保健に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
  • 1)皮膚の状態は、全身の健康状況によって変化する。
  • 2)成人では、加齢とともに、皮膚の分泌作用や新陳代謝が低下し、皮膚は乾燥し硬くなる。
  • 3)健康な成人の皮膚の表面はアルカリ性である。
  • 4)脂腺から分泌される皮脂は、毛の光沢としなやかさを保つ役割がある。

 

3)が解答です。弱酸性です。

 

問35 皮膚疾患に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
  • 1)接触皮膚炎(カブレ)は、種々の化学物質や薬剤などが皮膚に接触して発生する皮膚の炎症である。
  • 2)蕁麻疹(じんましん)は、食物や薬によるもののほか、花粉、ダニ、寒冷、温熱、日光などの外的刺激によるものもある。
  • 3)ニキビは、毛包が角質の栓で詰まることなどによりでき、炎症へと進むことがある。
  • 4)頭部白癬(はくせん)は、ウイルスによって引き起こされる。

 

4)が解答です。白癬菌です。

Break-important

 

 

 

過去問第43回「皮膚科学」

問31 皮膚の構造に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  • 1)表皮は、表面より角質層、顆粒層、有棘層、基底層の4つの細胞層からなる。
  • 2)基底細胞から角質細胞に変化する過程を角化とよぶ。
  • 3)角質層は手掌や足底で薄く、顔面や手足の屈曲部では厚い。
  • 4)色素細胞(メラノサイト)は、皮膚の色素であるメラニンをつくる細胞である。

 

問32 皮膚付属器官の構造に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  • 1)毛は、ケラチンという硫黄を含むタンパク質の一種からできている。
  • 2)毛は、中心から外に向かって順に毛髄質、毛小皮、毛皮質の3層からなっている。
  • 3)毛の生える方向を毛流といい、皮膚の各部位で規則性がある。
  • 4)毛は、皮膚表面から出ている部分を毛幹、皮膚の内部にある部分を毛根という。

 

問33 皮膚と皮膚付属器官の生理機能に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  • 1)皮膚は、日光にさらされると赤くなり、さらに強い照射を受けると水泡ができる。
  • 2)皮膚からは、脂溶性物質より水溶性物質のほうが吸収されやすい。
  • 3)皮膚への化学的刺激に対しては、最初に脂肪膜が、ついで角質層にあるケラチンが防いでいる。
  • 4)皮脂は皮膚や毛を保護し、汗は体温調節に役立っている。

 

問34 皮膚と皮膚付属器官の保健に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  • 1)臓器に異常があると、皮膚にも変化が起きることがある。
  • 2)ふけ症は、角質層が過剰に剝がれ落ちる現象で、脂性と乾性がある。
  • 3)あぶら性の皮膚は、皮脂の分泌量が過剰であり、毛孔や汗孔に汚れがたまりやすい。
  • 4)皮膚の老化は、個人の素因によるもので、環境の影響は受けない。

 

問35 皮膚疾患と病原体に関する次の組合せのうち、正しいものはどれか。

  • 1)尋常性毛瘡(カミソリカブレ)ーーー化膿菌
  • 2)伝染性膿痂疹(トビヒ)ーーー真菌(カビ)
  • 3)疥癬(ヒゼン)ーーー虱
  • 4)円形脱毛症ーーーウイルス
解答

3-2-2-4-1

 

 

過去問第43回「皮膚科学」解説

 

問31 皮膚の構造に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
  • 1)表皮は、表面より角質層、顆粒層、有棘層、基底層の4つの細胞層からなる。
  • 2)基底細胞から角質細胞に変化する過程を角化とよぶ。
  • 3)角質層は手掌や足底で薄く、顔面や手足の屈曲部では厚い。
  • 4)色素細胞(メラノサイト)は、皮膚の色素であるメラニンをつくる細胞である。

 

3)が解答です。手掌や足底で厚く、顔面や手足の屈曲部では薄い

 

問32 皮膚付属器官の構造に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
  • 1)毛は、ケラチンという硫黄を含むタンパク質の一種からできている。
  • 2)毛は、中心から外に向かって順に毛髄質、毛小皮、毛皮質の3層からなっている。
  • 3)毛の生える方向を毛流といい、皮膚の各部位で規則性がある。
  • 4)毛は、皮膚表面から出ている部分を毛幹、皮膚の内部にある部分を毛根という。

 

2)が解答です。毛髄質、毛皮質、毛小皮です。順番が違います。

 

問33 皮膚と皮膚付属器官の生理機能に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
  • 1)皮膚は、日光にさらされると赤くなり、さらに強い照射を受けると水泡ができる。
  • 2)皮膚からは、脂溶性物質より水溶性物質のほうが吸収されやすい
  • 3)皮膚への化学的刺激に対しては、最初に脂肪膜が、ついで角質層にあるケラチンが防いでいる。
  • 4)皮脂は皮膚や毛を保護し、汗は体温調節に役立っている。

 

2)が解答です。水溶性のほうが吸収されずらいです。

 

問34 皮膚と皮膚付属器官の保健に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
  • 1)臓器に異常があると、皮膚にも変化が起きることがある。
  • 2)ふけ症は、角質層が過剰に剝がれ落ちる現象で、脂性と乾性がある。
  • 3)あぶら性の皮膚は、皮脂の分泌量が過剰であり、毛孔や汗孔に汚れがたまりやすい。
  • 4)皮膚の老化は、個人の素因によるもので、環境の影響は受けない。

 

4)が解答です。環境の影響を強く受けます。

 

問35 皮膚疾患と病原体に関する次の組合せのうち、正しいものはどれか。
  • 1)尋常性毛瘡(カミソリカブレ)ーーー化膿菌
  • 2)伝染性膿痂疹(トビヒ)ーーー真菌(カビ)
  • 3)疥癬(ヒゼン)ーーー
  • 4)円形脱毛症ーーーウイルス

 

2)伝染性膿痂疹(トビヒ)は、化膿菌

3)疥癬(ヒゼン)は、ダニ

4)円形脱毛症は、自己免疫

1)が解答です。

 

【美容師国家試験】美容保健 過去問まとめ

最初に書きましたが、人体の構造及び機能に関しては、骨格や筋肉、神経系統、分泌されるホルモンや、酵素。消化系、循環系の問題など。多岐にわたって出題されます。

皮膚科学は第1章がよく出題されているのがわかると思います。

広く全体的に勉強しなければいけないもの、ポイントを絞れるもの。教科によって変わるので、その教科に合わせた効率的な勉強をしていきましょう。

ポイントをおさえた問題集の紹介もしておきます。


(注:時期的に売り切れているかもしれません。)

また、過去4回分の過去問題集が10月29日に販売されます。

今から購入予約ができるので、併せて紹介しておきます。


 

今回の過去問の解説は第42回・第43回のみですが、今後新制度になってからの過去問が増えていくので、その都度更新していく予定です。

今回は受験しないよっていう人も時々のぞいてみて下さい。

また、全科目をまとめ、勉強法を紹介している記事もあるので、参考にしてください。
↓↓

美容師国家試験
【美容師国家試験】筆記で合格点をとる対策美容師国家試験の筆記対策です。合格点を取るにはどう勉強したらいいのか分かるように解説しています。...

 

 

教科ごとに見たいという人はこちらから。
↓↓

Related laws and regulations and operation management
【美容師国家試験】関係法規及び運営管理 過去問【美容師国家試験】関係法規及び運営管理の新制度になってからの過去問と、その解説をしています。...
hygiene management
【美容師国家試験】衛生管理 過去問美容師国家試験の筆記課目である「衛生管理」 新制度になってからの過去問の解説をしています。...
Cosmetology health
【美容師国家試験】美容保健 過去問新制度になってからの国家試験科目、美容保健の過去問とその解説しています。...
Cosmetic chemistry
【美容師国家試験】香粧品化学 過去問新制度になってからの香粧品化学の過去問とその解説をしています。...
Cultural theory and cosmetology technology theory
【美容師国家試験】文化論及び美容技術理論 過去問【美容師国家試験】新制度になってからの文化論及び美容技術理論の過去問の解説をしています。...

 

 

今回の記事はこれでおしまいです。

最後まで読んでくれてありがとうございます。

それではまた。